007258


2018年1月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   



月の日記を
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
* 2006年5月23日(火) ハリーポッターと謎のプリンス
* 2004年10月6日(水) Dear,こげんた―この子猫を知っていますか?
* 2004年10月2日(土) ドッグ・シェルター
* 2004年9月20日(月) 読書日記リニューアル
* 2004年9月12日(日) ファンタジーについて
* 2004年9月10日(金) ハリーポッターと不死鳥の騎士団 (ネタバレ有り)
* 2004年8月21日(土) ダレン・シャン第11巻:闇の帝王
* 2004年7月21日(水) 白夜行
* 2004年7月9日(金) ハサミ男
* 2004年6月18日(金) 博士の愛した数式

ハリーポッターと不死鳥の騎士団 (ネタバレ有り)
1日に届いたものの、なかなか読めず先日2日続きの徹夜で読みました〜
(以下ネタバレあり!)知りたくない方はUターンしてね〜\(^o^)/










もう泣いたわ〜
モリーの心配も胸に痛かった〜あんなもの見せられたら・・・
ネビルがガムの包み紙を大事にポケットに入れるとこ・・・
狂気に支配されていてもどこかで分かっているような母性を示すような母親の行い・・・
回復して欲しいです〜(その兆しとして書いたのかな?)

それにしても・・・・・!
ハリーを愛するあまりに取ったダンブルドアの判断が!
よもやあんな結果を招くとは・・・(と言うか・・・閉心術の必要性についてもっとハリーに説得するとか〜〜道は有ったのに〜〜)
ローリング氏もあのシーンを書いたあとに台所に駆け込み暫く動けなかったとか・・・

そこまでする必然が有ったのかしら・・・・・(。>_<。)
あの戦いのシーンが無ければお話しは前に進まないだろうけど・・・!

ハリーは思ったより優等生でも良い子でもなかったけど思春期の揺れ動く心が垣間見えましたね。
それにしてもハリーが謙虚さを学ぶにしてもあまりにも試練は厳しい
父親の若かりし日々を垣間見るだけでハリーなら充分学べると思うんだけど・・・

Bの人生は・・・あまりにも切ない
ローリングのサイトに拠ると「あの鏡」をハリーが使わなかったのは「ハリーが使わないと決めてそのうち存在も忘れてしまった」とか。
あの鏡さえ使っていればクリーチャーの嘘も見破れたのに・・・!とは思いますが何でも「あの鏡」が6巻?7巻で「重要?」になってくるとか?

あ〜もうどうなってるの〜〜
「ダレンシャン」にしてもそうだけど「大事な人をなくす」=「心の成長」みたいな図式は嫌だぁ〜〜〜〜〜〜〜!

ロード・オブ・ザ・リングでもボロミアの死は重要なシーンだけど・・・!
そんなの嫌だよぉ〜〜〜〜〜!

ヴィゴの「石油の為に血は要らない」と同じだよ〜
血を流さなくたって道は有るじゃないかぁ〜〜(ヘ;_ _)ヘ ガクッ
2004年9月10日(金) No.5

ダレン・シャン第11巻:闇の帝王
もうね〜ガックリ〜〜
何事にも終わりは来る・・・確かに!
なので12巻で終わるのは良いのよ〜〜〜

それにしてもあそこまで拗れてしまって〜〜〜
次の巻でどうやって決着が付くのかしら〜〜〜
2004年8月21日(土) No.6

白夜行
白夜行(東野圭吾著)読みました。

19年前に起こった殺人事件・・・

迷宮入りになった事件を追う刑事

容疑者の娘と被害者の息子に接点は無い・・・

がこの2人の廻りには常にきな臭い匂いが・・・

オイルショックの昭和からバブル崩壊の平成まで続く白夜行とは・・・?

是非お薦めします♪
2004年7月21日(水) No.7

ハサミ男
ハサミ男読みました。
これはぽけの頃に☆読書大好きクラブ☆で勧められた本なのですが最近になってやっと読む機会に恵まれました。
最初はちょっと好きなタイプじゃないかなぁ〜?みたいだったのですが・・・
(ё_ё)ウフッ・・・読んでみてビックリ!
映像には出来ないわぁ〜〜〜みたいな!o(●^▽^●)oあははっ♪
2004年7月9日(金) No.8

博士の愛した数式
「博士の愛した数式」読み終えました。

オフクちゃんのお薦めで読みました。
久し振りに美しい本を読めました。ありがとう

2004年6月18日(金) No.9

Page/ [1] [2]


++HOME++

[Admin] [TOP] [LIST]
shiromuku(pl1)DIARY version 1.33